2019.06.21

  • 安定・自分軸

組織に関わる人みんなで考える。痛みと自分の進化と組織の成長!

6月20日京都にて、由佐美加子さんに来ていただき、経営者の方々、組織をサポートするコーチや人事の方で

これからのリーダーシップや組織の成長について考える企画をし、そのイントロダクションして、

人の進化のプロセスについて、おつながりのある方々と共に学ぶ機会をいただき感謝いたします!

人がそれぞれ持っている痛みや、その奥にある喜びは何のためにあり、どう取り扱ったらいいのか

由佐美加子さんが、図解でわかりやすく、

痛みからくる自分にとって不本意な受け入れがたい現実をどうとらえていくのか、

実際体験したリアルな題材から紐解き解説してくだることで、

 

自分にある痛みの意味や

自分の痛みに対する克服や逃避パターンがみえたり、

自分のコアといっても、コアのコアのコアのずー――と奥底(深さが伝わってますか笑?)

にある自分の透明になった信念(思い込み)があるのですが透明なので全く自覚できません(笑)

見えないものを見えるように紐解き、明確にすることで、自分はどう在りたいのかが見えてきます。

 

思い込みとは、

「人って○○だ!」

「仕事って○○なものでしょ」

そうだと信じこんでいたり、そういうもんだとあきらめていたり・・・。

そういったもの指しますが、誰しもありますよね。

過去のわたしのパターンだと

「わたしとって大事な人は結局最後は去っていく」という本当はずっと一緒にいたいのに、

大事な人ほど去っていくという避けたい悲しい不本意な現実があるとします。

その奥にある心の声は、

「だって私は誰からも選ばれないもん・・・涙」

と全く本人自覚なしで心のどこかで声にならない声で呟いているけど本人には全く理解されていない状態。(ここがポイント)

だから悲しい現実に対して全力で対応します。

わたしの場合は、

①去っても大丈夫なように準備を始める   ⇒(うまみ)能力やチカラがつく

②去られないように相手の都合に合わせていい人になる ⇒(うまみ)選んでもらえる安心でもいつも不安

③去られる前にこっちからが去る   ⇒(うまみ)人から去られない体験をしなくていいので痛みが軽減

だいたいこの3パターンになりますが、基本は①と③が多いかもしれません。

結局人は独りだよねという展開になります。

この奥には、人とのつながりが大事という願いがあるのですが、痛みをスルーし続けているので、

ずっと恐れを抱えてそれを感じられず不本意な現実が残念ながら起こるわけです・・・。

わたしの恐れがあってはならない現実を創り出していたのはわたしだったのか!

しかも冷静に見るとホントに誰からも選ばれてない?というよりそもそも選ばれる必要あるの?と

もっと言えばあなたが選んでるんじゃない?(笑)

そもそもつながりたいといいながらあなたが自分でつながりきってませんか??

と思わず笑ってしまうものだったりするけど、過去のこのシステムを知らなかったわたしは、

とても笑えないとても深刻な状態でまあまあたいへんだったんです・・(-_-;)

こうして自分を紐解くことで、いままでの見えていた世界が変わっていき、自分が進化していく感覚があります。

昨年、由佐美加子さんに出会った時、

「人はそれぞれ痛みを引き受けて生まれてきているんだよ。ちゃんと引き受けられるものを選んできているから大丈夫」

と言われたことで痛みを毛嫌いしなくなったとをを思い出します。

これからも共に進化し続け組織の在り方、自分の在り方を探求していきたいと思います。

参加者のみなさまとの素晴らしいベストタイミングな出会いに感謝したいします。

 

 

☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*
やっぱり人生はうまくデザインされている☆
ニーズに沿って生きる人生を応援する♪
Will Management Company
戸川 直美
゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*