2019.02.21

  • イベント・セミナー

ソーシャルイノベーションサミット2019に参加しました

京都大学の学内の会場で、ソーシャルイノベーションサミットが開催され

未来を創造する思考やこれからどうシフトしていくのかなど、様々な対話や実例などご紹介くださいました。

 

 

 

SILKhttps://social-innovation.kyoto.jp/

の所長である大室様が、人材を起承転結で表現されていたのですが、

起・・・0から1にする人 妄想担当

承・・・1から100にする人  構造担当

転・・・詳細担当

結・・・成果担当

 

いまの時代この『起』の人材不足とのお話がありました。

『起』には、自由な発想が必要で、特に今の企業文化ではスピードや効率を求めるところが多くいまの社会では生まれにくい・・・。

そのお話を聴きながら、

現実的にできることを効率的にやるというスタイルが定着していて、妄想を許さないのは何より時間。

時間がないことでさらにそこに拍車をかけている・・・

実働や、成果をあげることを優先しがちな企業的考え方と、

起にイメージする人とがどう相互依存していけるのかは、とても大事なポイント。

そこには

対話・違いを理解すること・同じ志

を持つことが大事になってきますね。

(株)和えるhttps://a-eru.co.jp/

の矢島里佳様のお話もとても興味深く、キラキラした未来人にみえました。

どの辺が未来かというと、

自己肯定感が高く、自分の感性や直感を信じ、それを素直に論理的に人に伝え、ご自身も行動される。

そこに共感する人が集まり、ことが具現化されていく。

いまの現代人が苦しんでいる

人からどう見えるかとか、前例がないからとか、わたしなんてとか、一切恐れや不安を感じず、

機能や利益追求のまえに、哲学ありきで、

売り手よし、買い手よし、世間よしに加え未来よしもはいり、4方よし精神で喜びにあふれ、

人を信頼されていて、もちろん自分のことも信頼されていて、つながりや循環の中で生きる人ってこうなんだと思える方でした。

何かことを進めるときに大事にされているのは、三方よしかどうかと、それをやって死なないかだそうです(笑)

想像できないことは、創造できない。

直感を大切に、論理的に人に伝える大切さと、自分を惜しみなく表現することって大事ですね。

わたしもわたしの中の願いを妄想し(笑)ナチュラルに自己表現していきます

 

 

☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*
やっぱり人生はうまくデザインされている☆
ニーズに沿って生きる人生を応援する♪
Will Management Company
戸川 直美
゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*