2019.01.15

  • 安定・自分軸

「世の中はこういうもんだ」はホント? 自分の中の常識を疑ったことありますか?

昨年の秋から、自己理解を深めるためのセミナーに参加し、先週その学びを統合し終了しました。

セミナーでは自己理解を深めるために、ひたすら自分の内側に『ある』ものを見て、

そして、自分のなかにある恐れや痛みを感じ、それが何を教えてくれているのかを探求するそんな時間でした。

自分が心底、何が「ないこと」を恐れているのかに気付くことで、自分が何を大事にしたかったのかがわかります。

その心の奥底にある何が「ないこと」を恐れているのかは、何層にも巧妙に防衛されていてなかなか自覚できません。

笑えるくらい『世の中は〇〇なんだ』と思いこみ、

そのメガネをかけて外側の世界をみている自分がいます。

これまたびっくりするくらいそのことは、本人にとって当たり前すぎて信じて疑うことがないので全く気付かないものなんです。

例えば、
わたしは人から愛されない。だって嫌われているから。
わたしは人から認められない。だって価値がないから。
わたしは貧乏だ。だって力がないから。

こういった人がもっている信念は、外側にいる人や社会の接点から、無自覚的につくられて、

人は無意識的にその信念に沿って思考を巡らせ、行動に移している。

今回は、自分の奥底にあった信念を自覚することができ、

そうすると、次々と自分がしんどかったことやつらかったことがどうして起こっていたのかが客観的に見えてきました。

あれもそうだった!これもそうだ!

と自分が信じていた世界に整合性がとれなくなりその信念が崩壊し、新たな価値観が作られていくのがわかります。

そうして、ひとつひとつ自分を守るためにできた信念に気付き、

手放し、新しい価値観が内側にあったことを感じながら行動していくことが大事なんだとあらためて気付きます。

新しい価値観は新たにできたのではなく、ずっと無自覚につくられた価値観がそれを封印し凍結させて支配していただけで、

ずっと自分のなかにあったものであり、

それを自覚し解凍させない限り、人は自分を生きられないんだなと思います。

わたしは、自分を生きる人でありたいし、自分を生きたいと願っている人をサポートしていくことに時間を使っていきたいです。

自分の願いを凍結させたまま終わるのは嫌だから。

自由とつながるがある世界を創り出すために、自己を観察し探求し続けていきます☆

 

 

 

 

。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*
やっぱり人生はうまくデザインされている☆
ニーズに沿って生きる人生を応援する♪
Will Management Company
戸川 直美
゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*