2019.01.06

  • 安定・自分軸

悪口が止まらない??どうしてそうなるんだろう・・。

人のことを悪くいいたいとき、謂わゆる悪口や不平不満がおさまらないときってないですか?

自分がありえないなと思う人や出来事を、言わずにはおれず、ついついその人やそのことを話題にてしまう。

そんなご経験ないでしょうか。

昔のわたしはまさにそうでした・・・。

どれだけの時間を費やしていたことでしょう・・・。

一旦、自分の思いを書いたり、誰かに話しのことを、自分を整理することは大事なことなんです。

ここでのポイントは、何度もいいたくなるところなんです。

先生や友達、先輩のこと
お嫁さん、お姑さん、旦那さんのこと
上司や、同僚のこと

学校、家庭、職場など様々な人間関係のなかで、いろいろ問題がでてきますよね。

特に集団のなかでは、
アンチをつくり〇〇さんが好きではなくというスローガンで
悪口や不満をいうことで、結束が固まるような場面もあるかもしれません。

ここで確認したいことは、
その行為は何のためなのか、何を自分にもたらしたいのかということ。
どんな『快』があるのでしょうか?

ひとは、不快なことはしない生き物です。

人を悪く言う理由は、一見相手に非があるように見えがちですが、
その悪く言われている人だけにあるのではなく、
その人を見て悪くいいたくなる自分のなかになんらかの『快』があるのです。

だからまず、自分の内側で何が起こっているのかを観察する必要があります。

つまり、人のことを悪くいっている間、
自分のことは棚に上げておけるということです。

つまり見なくて済むという問題先送り状態にをつくりだしています。

例えば、
上手くいっている人のことや幸せそうな人のことを
調子にのっているとか
実力もないのに
などと思っているときは、自分が手に入れたいけど手に入れられていないことに気持ちがざわざわしている。

上手くいっていない自分
しあわせでない自分

なりたいけどなれないことを人を悪く言うことで自分を守ろうとしているのかもしれません。

その方法で自分を守れば守るほど、どんどん状況は悪化していきます。
そして、悪化していることに気付かず、言っているときはすっきりしたり、そのことに集中しているので、心地よい状況が生まれます。
そうするとますます、悪口が心地よい感覚になり、つい心地よさをもとめてやめられなくなる・・・。

さらに、脳は、自分のこととひとのことの区別がつかないので、人のことを悪く言うことで、どんどんセルフイメージが下がっていきます。

ますますうまくいかなくなり、しあわせにもなれない状況に陥っていまします。

自分の内側に意識をむけることは、決して心地いいものではないかもしれませんが、個々をいかに意識を外から内に向けるかが状況を打破するためには必要です。

そして、何に時間をかけるかはとても大事です。

時間が有限です。自分の持ち時間を最大限使って、自分の才能を活かしきる使い方ができるといいですね。

 

 

 

。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*
やっぱり人生はうまくデザインされている☆
ニーズに沿って生きる人生を応援する♪
Will Management Company
戸川 直美
゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*