2018.12.09

  • 安定・自分軸

仕事の自分、プライベートの自分。どの自分が自分?

仕事の自分とプライベートの自分。

どっちの自分が本当の自分?

わたしの場合あまりにたくさんの自分がいてわからなくなりそうな時期もありましたが(笑)

仕事の自分とプライベートの自分とでは、全く違うという人多いのではないでしょうか。
わたしも昔はそうだったのですが、だんだん仕事とプライベートの境界線がなくなり、どれが仕事でどれがプライベートなのかよくわからなくなってきている状態が加速し、自分でもちょっと驚いています。

20年以上ずっと企業に勤めていたので、物理的に基本仕事と休日は分けられていました。

でも、20代から30代にかけてがむしゃらに働いていたころは、休日でも仕事モードで過ごしたり、本来わけられているところも、仕事が好きすぎて、ずっと仕事のことを考えている時期がありました。
思いっきり仕事に集中していたので、プライベートはほぼ活動なし。

その時期は、本来の自分の性格とは別人といいますか、仕事で求められているわたしがわたしになっていた、そんな感覚です。

それが行き過ぎて周囲とうまくいかなくなりすぎて、ハタと気付き、

「あれ別人格になってる!わたしこんなひとだったけ?」と・・・・

そこで、慌ててまた本来の自分に戻ろうとするのですがなかなかうまくいかず・・・。

というのは、
本来の自分のまま仕事するととんでもないことになる・・・

という前提ができていたんです。
とうのは、すごい勢いで、
自分は適当だ
自分はがんばらないと堕落する人間だ

みたいに自分のことかなり信用していなかったことに気付きました(^^;
それと同時に、仕事に対する価値観が、すごく力んでるというか、悲壮感漂うくらいストイックすぎというか・・・・。

仕事だから真剣にしなきゃ

仕事だから緊張感もってやらなきゃ

仕事だから〇〇に入る言葉が修行僧みたいな感じで楽しむ感覚はあえて排除してきた感じでした(笑)

まずそこに気付いたところからだんだん自己否定と仕事観の歪みを自覚してきて、

わたしはやっぱり自分らしく仕事したいと思うようになりかなり力が抜けた瞬間があったと思います。

もちろんそう変化していくまでには
何年もかかり、いろんな出来事があったのですが・・。

ここ何年かは、自分らしく仕事している感覚はありましたし、こんな感じでずっとこれからもいくのかなあなんて思っていたら・・・。

20年以上勤めていた会社を辞めてからなんか感覚が変だと思っていて、
最近ようやく自覚してきたのは、

仕事とプライベートの境界線がなくなっている!
そこの境界線てなくなるもんなの??

と自分でもかなりびっくりしています。

仕事していたり、仲間と勉強したり、お茶会いったり、お寺に行ったり・・・・。
仕事と学び、趣味、友人との交流・・・・
どの時間もすべて自分にとっては大事な時間で、
人と喜びあいたいし、楽しいことしたいし、支え合いたし、季節も感じたいし・・・
自分のハートには、何の違いもないことに気付いたのです。

仕事とそれ以外の違いって、お金をいただいているかいただいていないかの違いだけで、全部自分なんだ!と思ったのです。

本来の世界って

わたしができること(貢献)をして喜んでくれる人がいて、お互い感謝し合って
もっともっと
シンプルで、
あたたかくて
自由な世界だったのかなと思うようになりました。

人生のシフトチェンジには終わりなく、
自分の感情と向き合い、自分のニーズにたどり着ければ、
どんどんシンプルに
心があたたかくなり、安心感でいっぱいになって、
もっともっと自由になれるのかもしえませんね。

゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*
やっぱり人生はうまくデザインされている☆
ニーズに沿って生きる人生を応援する♪
Will Management Company
戸川 直美
゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*゜*。*☆*。*